《郷土愛》 | 長久手市議会議員 山田けんたろう

長久手市議会議員 山田けんたろう

《郷土愛》

公開日   

《郷土愛》

地元の縁者の皆様で大切にお守りする、長久手市は地名にも由来する城屋敷地区にあります
《長久手城址》にて。
所用があり本日は朝から地元の方とごそごそ。。。
(長久手に城が?)っと思われる市民も少なくないと思います。

長久手市には4つの城がありました(^-^)

そんな中、本日は長久手市立 市が洞小学校の児童の皆さんが遠足で郷土史の勉強に来てくださいました(^-^)
当該の小学校があります、市が洞地区は長久手市の南部に位置し、

毎日のようにTVに出ます全国一若いまち、新しいまちと言われる長久手市においてその中において代表的な新興街区です。
長久手市が区画整理事業に着手した約50年前に本市に移り住まわれた世代世帯の2代目方や

過去10年~15年の市が洞地区の開発と同じくして新しく越されてきた方が多く住まわれています。

そんな新しい街の子どもたちが遠足の一環として自分たちの住まうまちの郷土史を学んで頂く機会を設けて頂いて本当に有り難く思いました。

新しい街、長久手市ですが、縄文期からのまちの歴史や無論教科書にも載り、長久手城址も関係し長久手市をいちばんの有名にしている小牧・長久手の合戦を筆頭に、

ひとが村人が町人が市民が長久手に住み、生き、創り、伝え、紡いできた長久手市です。

住まうひと、1人ひとりに歴史があり、それこそが長久手市の歴史であり、皆がそれを担い伝えていく。

新しいも古いも関係ない。

まちの歴史は郷土の誇り。郷土に愛を持った市民、住民、子どもたち、住まう皆が創り伝えていくものであると私は思います。

そんな意識を抱きながら

誠に勝手とは重々承知ですが、

子どもたちにこれからの長久手をよろしく!未来の長久手を頼んだぞ!っという気持ちで沢山の黄色の帽子を見守りました(^-^)

 - お知らせ, 日常

  関連記事

↑PAGE TOPへ
QR Code Business Card